3,980円以上のお買上げで送料無料!
3,980円以上のお買上げで送料無料!

【簡単!ベルトの切り方】画像でわかるベルト調整&大きいサイズのお悩みも解決

「ベルトを買ったものの、思いのほか長くて調整したい」そんな方に向けて以外と簡単なベルトの切り方をご紹介します!調整ができるベルトの種類から切る際に必要なアイテム、手順まで画像で解説。また、逆に市販のベルトではサイズに不満のある大きいサイズの方へ向けて、オススメの対処法もお届けします。

目次

長さの調整ができるベルトの種類

「ベルトをカットしたい場合、一番に確認しなくてはならないのが長さの調整ができるタイプかどうか。中にはご自宅では調整が難しいものがあるので、カットする予定がある場合は購入前から意識しましょう。

長さ調整ができるベルト

バックル(金具)がついているベルトについては、ご自宅で簡単にベルト調整ができます。しっかりと革を挟み込んでいるもの、手でも簡単にバックル(金具)を開けられるものまであります。

長さ調整ができないベルト

バックル(金具)がついておらず、ピンが打たれているものは、特殊な機械がない限りご自宅での調整はできません。ただ耐久性には優れているので、目的にあわせて選ぶとよいでしょう。

ベルト調節に必要な4アイテム

お手持ちのベルトが長さの調整できるものであれば、ご自宅にあるもので簡単に切ることができます。ベルトを切る際に必要な4アイテムをご紹介します。

1. メジャー

調整したいベルトをどのくらい切る必要があるのかを確認する際に必要です。定規などで代用はできますが、できれば折れ曲がるメジャーが便利です。

2. ペン

切る部分の印づけに使うものですので、どのようなペンでも問題ありません。また、シャーペンの先などで、跡だけをつけてもよいでしょう。

3. ドライバー

バックル(金具)を開ける際に用います。ハサミなどで代用することもできますが、バックル(金具)の裏側にキズがつくのを避けるためにも、ドライバーがオススメです。先の細いマイナスドライバーだと開けやすいです。

4. ハサミ

ご家庭にある一般的なハサミで十分カットできます。ただ、ベルトは非常に固いので、できればよく切れるものを使いましょう。

ベルトの切り方簡単5ステップ

ベルト調整に必要なものが揃ったら、実際にカットしてみましょう。それぞれのスッテプでのポイントなどを交えながらご紹介します。

STEP. 1 試着しベルトの長さを測る

ベルトを切りたい場合、どの程度カットする必要があるのかを試着してチェックします。いつも履く位置にパンツをあわせ、必ずベルトをベルトループに通します。いつもの位置にパンツがなかったり、ベルトループに通していなかったりすることで、誤差が生まれてしまいます。ベルトは数cmの違いで履き心地に差が出るので必ず意識しましょう。
測る目安としては、金具の部分から3番目(真ん中)のベルトホールがオススメです。ベルトにはどのホールを使うかという決まりはないものの、食前食後で使用するベルトホールが前後することがあります。そのような事態に備えて、3番目(真ん中)のベルホールを控えておきます。

STEP. 2 バックル(金具)を外す

ベルトを挟み込んでいるバックル(金具)を開けます。ドライバーを差し込み、テコの原理で押し上げれば簡単に外れます。



バックル(金具)が開いたらベルトを切り離します。金属がギザギザとしていて、ケガをする恐れもあるので、不用意に触れないようにしましょう。



ベルト部分を軽く引っ張れば簡単に外れます。

STEP. 3 ベルトに印をつけ、切る

切り離したベルトに、測った位置の印をつけます。はじめてベルト調整する場合や、まだ切り方に慣れていない場合は、印をつける位置を調整します。ベルトホールの間隔は2.5cmが一般的ですので、先ほど測った分から2.5cmを引いた位置に印づけをしてもよいでしょう。



切る位置が定まったら、ハサミでカットします。切り方のポイントとしては、可能な限り斜めにならないようにします。



市販のハサミですので、斜めにならないようにするのは少し難しいですが、画像程度であれば問題ありません。

STEP. 4 バックル(金具)を取りつける

カットしたベルトをバックル(金具)に差し込みます。遊びがないよう、しっかりと押し込んでください。



バックル(金具)を留める際も十分に力をいれます。



バックル(金具)がとまったらきちんと挟み込めているか、引っ張って確認します。うまく留められていないと、簡単に外れるので入念にチェックします。

STEP. 5 試着

調整を終えたベルトを試着します。切り終えてもまだ余裕がある場合は、もう一度スッテプ1から工程を繰り返してください。

大きいサイズの方のお悩みを解決する3アイテム

大きいサイズの方であれば、通常のベルトに不満を抱くことはありませんか?もともと長いサイズのベルトを切る方法もありますが、少し手間に感じることもあるでしょう。その場合に便利なアイテムをご紹介します!

ベルトホールのないベルト

一見ベルトホールからピンが出ているように見えるベルトです。しかし、こちらはベルトホールがないベルト。ベルトホールがないことでサイズの調整が必要ありません。加えて、頭を抱えるベルトホールの劣化もないので、いつまでもキレイにお使いいただけます。

多段階調整ができるベルトはサカゼンオンラインショップで販売中!

アジャスターフィットソフトレザーベルト A

アジャスターフィットソフトレザーベルト B

・伸縮性のあるベルト

伸縮性のあるベルトはナイロンなどをイメージされるかと思いますが、革製のベルトも種類が豊富です。ベルト調整も必要なければ、座ったり立ったりと体勢の変化にもフィットする優れものです。

・サスペンダー

大きいサイズの方であれば、ベルトを使用せず、サスペンダーを使用するのもオススメです。ウエストにあわせてベルトをすると、パンツがずり落ちてしまうことがあります。サスペンダーであれば、上で釣る形になるのでそのような心配がありません。

自分に合ったサイズのベルトでさらにスマートなあなたに!

ベルトの基本的な切り方から大きいサイズの方に向けた対処方法を解説しました。ベルトの調整はジャケットやパンツに比べると、どうしても疎かになりがちですが、細かい箇所にこそ気遣いが求められます。ジャストサイズのベルトを身につけて、より一層スマートな着こなしを目指してみましょう。
またご紹介した通り、大きいサイズの方もベルトの楽しみ方はさまざまです。サカゼンでは取り上げた便利な3アイテムに加え、革製においても最長175cmのベルトをご用意しています。ぜひ気軽にお試し、ご質問ください。




記事監修

第一商品部 商品2課 課長
小鹿 貴嗣


2007年坂善商事株式会社に入社。7年半の店頭販売経験を経て、2013年本部へ移動。現在はベルトをはじめ、Yシャツやネクタイなど、サカゼンで扱う全ビジネス小物の仕入れを担当。